コロナ禍でも安心の【オンライン婚活】click

最近の結納の主流「略式結納」を行う場合の方法

双方のご両親へのご挨拶がすんだら、「両家顔合わせ」として両家の親同士が顔を合わせる席を設けます。そのあとに「結納」という正式な儀式が行われます。

結納とは

結納は形式にのっとって、両家が揃って行う伝統的な婚約の儀式のことです。仲人が両家を行き来する「正式結納」は現代ではあまり行われておらず、ホテルや料亭で行う「略式結納」が最近の結納の主流になってきております。結納については「家」や「地域」によってもかなりしきたりが異なってきますので、両家で上手く折り合いをつけるようにしてください。

「両家顔合わせ」に「結納」的な要素を含ませて一度に済ませる場合はこちらへ↓

両家顔合わせへ

ホテルの結納プラン

最近は「略式結納」が主流なので、ホテルや料亭などで結納式と会食を行うことが多いです。ホテルや料亭などの中には、結納式と食事会がセットになった「結納プラン」が用意されている所もたくさんあります。ふたりが結納について知識がなくても、専門のスタッフがちゃんと導いてくれます。当日の儀式の進行もプロにお任せできるので安心です。

結納金

結納金については、一般的な相場というものはないといってもよいでしょう。ただ、お祝い事ですので「死」や「苦」を連想させる「4」と「9」を避けます。30万、50万、70万、80万、100万、200万円などのキリのいい数字が、現実的な金額として考えられます。

結納返し

結納金に比例して「結納返し」の金額も変わります。
新郎側が結納をするとき、あらかじめ新婦側からのお返し分を差し引いた金額のみを結納することもできます。
例えば、もともとの結納金が100万円としたら、その半分の50万円を結納返しするとして、 結納の時点で100万円から50万円を差し引いた金額を新婦側におさめるということです。わざわざ結納返しの金額を用意する手間がいらなくなるので合理的ですね。

婚約記念品

女性に贈られる定番はダイヤモンドリングです。
ダイヤの石言葉は「純潔・清浄無垢・純愛・永遠の絆」です。またダイヤモンドは地球一固い物質であり、二人の固いご縁、傷つくことのなく変わらぬ愛を贈るという意味もあるのです。 そうした高価な指輪を贈るのは、「入籍や結婚式まではまだ時間がかかるけれど僕の気持ちは変わらないですよ」という証でもあるんですよ。

返礼品

婚約記念品に対して必ず返礼品を贈らなければならないというものでは有りませんが、「婚約の記念」としてお互いに贈り合うのが感じが良いとは思います。

◇「婚約指輪のお返し」人気ランキング
1位 腕時計「一緒に時を刻みましょう」
2位 財布「ずっと使う」
3位 スーツ
4位 パソコン
5位 かばん
6位 ネクタイピン「貴方をささえます」
7位 万年筆「お仕事頑張ってね」
8位 メガネ
その他 自転車、釣り道具、楽器など

最近は男性が望むものでということで多種多様化しております。
婚約指輪をいただいてから、あまり間を空けずに贈りましょう。

結納の時の服装

女性の振り袖は正装でもありますし華やかなので結納には最適です。その場合は男性も礼服(ブラックスーツ)を着ますが、白色のワイシャツを着用のうえ、ネクタイはフォーマルなシルバーグレイなどお祝い事に相応しい色をチョイスしましょう。
もう少し気楽な服で臨みたいなら、きちんと感のあるワンピースなどでも大丈夫です。アクセサリーはパールなど上品なものにしましょう。それに合わせて男性は略礼服(ダークスーツ)などにします。

手土産

用意する場合には、3000円~5000円くらいのお菓子や地元の名産品などが良いと思います。ただ、一方だけが用意して、もう一方が手ぶらというのは気まずいので、ふたりの間で打ち合わせをして、ご両親にお伝えするようにしておきましょう。

割引・特典

婚約指輪はお高いお買い物です。定価でお買い物するなんてもったいないですね。日本仲人協会では、全国の有名指輪店との提携をしておりますので、全国のショップで割引価格でお買い求めをいただけます。
会員さん以外でも割引・特典をご利用いただけますので、パンフレット(割引・特典つき)ご希望の方は、下記フォームからお申し込みください。お買い求めしようと思っているお店が提携店である確率は高いと思います。

パンフレット(割引・特典つき)のお申し込みはこちらから↓