コロナ禍でも安心の【オンライン婚活】click

【コロナ禍でも幸せ】365日外食だった男性がお料理上手に変身!

成婚者実例:超三高(年収800万もあるようなエリート、超有名大学卒、180センチ近い高身長)男性が結婚して奥さんに尽くしてます。彼のような男性と結婚したいなら…

「家事・育児は女性がやるもの」から始まり、「男は一生働くんだから男の職場に近いところに住むべし!」など、やたら俺様・何様目線で女性に物を申す、いつの時代の話しですか?って言うぐらいの古臭い考えを持っている男性に出くわすことが有り、心底驚くのですが…。
家事も育児も女性の仕事だなんて古臭い考えを持った男性はモテませんよと申し上げておきましょう。

女性が結婚後も働くことを考えると、例えば、住まいにしても、奥さんの体の心配や負担を考えて、妊娠中や出産後に妻の実家のフォローを受けられるように考慮してくれる男性にこそ「本当の意味で男らしい」と感じますね。

さて、コロナ禍にあっても、婚活をして、結婚して、幸せに暮らしているカップルも沢山いらっしゃいます。

多くの女性が望む「これぞ理想の男性像」

30代のはるきさん(仮名)は、スペシャル三高(年収800万もあるようなエリート、超有名大学卒、180センチ近い高身長)男性です。入会後まもなくお会いになった奥様に、交際3か月でプロポーズ・成婚退会されて、ご結婚。

奥様の通勤に便利なところに新居を構え、ご自分は1時間以上かけて電車通勤をされています。
今は緊急事態宣言が出されて在宅勤務になっているそうで、運動不足にならないようにと、毎朝、奥様の禄子さん(仮名)とラジオ体操をされているんだと報告をくれました。とても幸せそうです。

その、はるきさんの一日は部屋を換気して、朝ごはんの支度をしてから禄子さんを起こすところから始まるそうです。掃除機もかければ、お洗濯物を干したり、たたんだりもするそうですよ。禄子さんが残業で遅い時は夜ごはんの用意をして、夜道は危ないからと禄子さんの職場(自宅から徒歩数分)の近くまでお迎えにまで行っているそうです。これぞ、多くの女性が望む理想の男性像ですね。

お見合い婚活で結婚しても、恋愛結婚で結婚しても、「大好きになって結婚した。幸せ。」は同じです。彼のように、好きなお相手には駆け引きなく尽くすものなんですね。

「愛情たっぷり夜ご飯」
はるきさんがある日作った夜ご飯がこちら
oisixという材料が2人分パックになって届くものを使って、野菜やお肉が使い切らなくて傷んでしまったという無駄をださないようにしてるそう!

はるきさんがご利用されているoisixのお料理キットは、お料理初心者でもお料理が苦手なかたも、簡単に美味しくできますので、私も超絶おすすめです↓

最初から家事のできる男性を求める必要なし

今は共働きの時代ですから、男も家事をするのが当たり前という男性も増えていますね。うっかり「家事・育児も協力します」なんて男性が言おうものなら、「協力じゃあなくて、一緒にやる!折半が当たり前!」と女性に反論されることもあります。

でも、はるきさんだって実は、独身時代は料理をしたことがほとんどなくて、365日外食だったそうです。掃除や洗濯は最低限しかやってこなかったそうです。当然、プロフィールには「家事得意」なんて書けませんでした。

女性の皆さんは、お相手検索をするときに、「家事できます」「家事協力します」なんて言葉を探す必要はないのです。先にも書きましたが、男女を問わず、好きなお相手には駆け引きなく尽くすものですから。「家事は折半ね」なんて最初から約束を取り付けようとなどなさらないことです。「夫の躾は最初が肝心!」なんて先輩主婦の言葉を鵜呑みにして、目くじらをたてなさんなと申し上げます。

婚活市場では一握りの三高男性に女性からのお申し込みが殺到します。もちろん、三高男性も最初は若くてお綺麗な女性に会おうとされるでしょう。会って、そこから選ぶのは「ありがとう」「うれしい」「楽しい」を笑顔で言える気立ての良い女性です。

目くじら立てて自分の得ばかりを得ようとしていたら、どんなに美人でも敬遠されてしまうことでしょう。

男性も女性も、結局はお人柄と、相性ね!