男性にキメて欲しい言葉集|お見合い婚活で成婚するには|婚活のこつ

お見合い~交際成立

お見合いの終わりに

お見合いが終わって、じゃあバイバイでは困りますね。

「今日は有難うございました。楽しかったです。是非またお会いしたいと思いますので、よろしくお願いします。」

楽しく過ごせたことのお礼と、自分は交際希望だよという意思表示をしておきましょう。

交際が成立したら

交際が成立すると、初めてお互いの携帯電話の番号を仲人より知らされます。男性の方から、まずショートメールなどで連絡をしてみましょう。

「今日は有難うございました。何時頃にお電話させていただきます。〇〇(自分の名前)」
「今日は有難うございました。今日は遅いのでまた明日の晩にでもお電話します。〇〇(自分の名前)」

ショートメールは使わない方もいらっしゃるので、返事があると思ってはいけません。
お礼と何時頃に電話するよというお知らせという感じです。

交際成立して、初めてお電話をする

交際が成立して、お互いの携帯電話の番号を仲人より知らされます。
男性の方から、ショートメールなどでお礼と何時頃に電話するよというお知らせをして、お電話します。

「〇〇(名前)です。今日は有り難うございました。」と名乗ることと、お礼を忘れずに。

お電話した際に、次に会う約束をして、今後の連絡手段を決めます

「今度、お茶かお食事でもいかがですか?店を考えておくので、都合のいい日を教えてください。」
「日にちや場所を決めるのにも、連絡をとるのは、LINE?メール?電話?何がいいですかね?」

交際中

改めて、お付き合いをお願いする

1時間程度のお見合いでは、お互い緊張もしていて分からない部分の方が多かったと思います。
が、さすがに日を改めて、ゆっくり会ってお食事をしてみると、「あっ、この人いいな」と思うか「あっ、この人ちがうな」と思うか、はっきりしますね。

1度目か2度目くらいのデートで、

「○○さん(お相手のお名前)、改めて、これからお付き合いをよろしくお願いします。」と伝えます。

手を差し出して握手を求めても良いと思います。この男性からの意思表示があると女性はとても安心して、交際にスムーズに入れるのです。ただし、何度もデートを重ねてからこれを言うと(なんで今頃?)と逆効果のマヌケな発言になってしまいますので、注意です。

お付き合いのお相手を一人に絞ったら

交際中も他の方とのお見合いもできますし、重複交際もできるというルールのもと、皆さんは活動をされています。でも、デートを重ねて「この人だ!」と決めて、他からのお申込みは受けないし申し込まないと決めたら、もう他とは会わない、あなたとだけ真剣に向き合っていくという気持ちを伝えましょう。併せて、仲人にもその気持ちは伝えておきましょう。

「僕は、もう他の女性とは会わないで、あなたとしっかり向き合っていきたいと思っています。」

皆さん結婚したくて登録をしている訳ですから、結婚の可能性がないと思っていれば、まだ他の人とも会います。あなたがこれを言えなければ、積極的な男性に横からかっさらわれてしまうことも有るのです。

プロポーズ

プロポーズしたいと気持ちを固めたら、まず担当仲人に相談しましょう。
お相手側の女性がどのようなプロポーズを望んでいるか仲人経由で確認しておいて、お相手女性の望みを叶えるようなプロポーズをされるのも良いと思います。お互いの気持ちの高まりがピークなときにプロポーズをされるのが、おすすめです。

交際期間が短い方は、ダイヤモンドや女性の誕生石のネックレスでプロポーズして、「婚約指輪は今度二人で見に行こうね」とおっしゃったりもしますし、指輪ぱっかーんのサプライズプロポーズをしたい、されたい方もいらっしゃいますね。なんにしても、ネックレスや指輪といったプレゼントは必須です。

さて、プロポーズは、プロポーズと分かるはっきりした言葉で伝えます。

「○○さん(お相手のお名前)、一生大切にします。僕と結婚してください。」
「○○さん(お相手のお名前)、あなたのことが好きです。僕と結婚してください。」

プロポーズはシチュエーションも大事です。夜景の見えるレストランや、夏は海辺のレストランなどでのプロポーズも素敵ですね。一生の思い出に残るプロポーズです。どうぞ、いろいろ頭を悩ませてくださいね♡

言葉にすることは大事

こういった意思表示をできない男性は、いつまでたっても成婚できません。
女性が欲しい言葉を掛けてあげられないのですから、女性を不安にもしますし、女性にとっては幸福感がないですよね。勇気を出して言葉にしていきましょうね。