オンラインお見合いから成婚|親と同居男性|子供部屋おじさんは偏見

世間では明るい話題が少ない今日この頃ですが、私のところはおめでたい話し続きです。
またまたご成婚が決まりました。おめでとうございます。
彼は入会から半年、ZOOMを利用したオンラインお見合いから2か月も経たないうちのプロポーズでご成婚が決まりました。

こんな時期ですからオンラインお見合いで、私がホストを務めましたので彼らの出会いをよく覚えております。
お写真でみるよりもずっと可愛らしい女性でしたので、思わず彼に「わっ、可愛い女性で良かったね」と言ってしまったのです。彼も「可愛い」と感じておりましたから彼の心の代弁をした感じでしょうか(笑)

さて、「親と同居している男性は嫌だ」とおっしゃる女性もいらっしゃいます。
「パラサイト・シングル」や「子供部屋おじさん」という言葉も生まれ、社会人になっても実家暮らしを続ける男性に対し、精神的・社会的に自立できていないというネガティヴなイメージを持たれてしまうのは、とっても残念ですね。成婚が決まった彼もご両親との同居男性です。

私から見ると、親御さんと同居なさっている男性は優しい家族思いの方が多いです。

もちろん、普通に働いて経済的にもちゃんと自立していらっしゃいます。親元だからこそ、浮いたお金をしっかり貯蓄されていたりもします。お若いのに貯金を何千万単位で資産をお持ちになっていて驚くと、その方たちは、だいたい親御さんと同居なさっています。

また、働きながら勉強をして資格取得をされていたりもしていらしゃいます。ご実家では、おそらくお母様が家事をしてくださっているから勉強時間も充分に取れるのでしょう。資格や技術を持っているということは、これから働き続けるのにも大変心強いです。

大変な仕事も続けてくることができて、ひとつところで長く働いてこられたのもご家族の支えのおかげなどというお話しも聞きます。
親御さんとの同居はメリットも多いのです。

同居しているのに貯金もない、資格取得や勉強もしていない、職も転々としているといった場合には?
そんな場合には優しさや責任感ゆえのご事情があることもあります。まずすぐに「パラサイト・シングル?」「子供部屋おじさん?」というイメージを持たずに、話しを聞いてみることです。

「親との同居をしている長男だから、結婚したら同居しないとならない」という先入観も持たないでいただきたいです。今の親御さんはまだまだお元気ですから、元気なうちは若い二人で仲良くやってちょうだいとおっしゃる方がほとんどですよ。ずっと先のことなんて誰にも分かりませんもの。何かあった時には二人で双方の両親をできる範囲で助けて差し上げれば良いですよね?それは人として当たり前のことです。

今回ご成婚が決まった男性も、親御さんと同居している長男さんですが、結婚後の新居は二人の勤務地を考慮して考えるとおっしゃっていました。親と同居の長男=結婚後親と同居とは限りません。

ネガティブシンキングは捨てましょう。良い人との結婚のチャンスをみすみす逃していて、もったいないですよ。

山下ゆかり