現代では、結婚相談所は婚活ツールのひとつ

婚活ツール

いい人がいたら結婚したい

よく「いい人がいたら結婚したい」と言う言葉をよく耳にしますが、いい人とはどうゆう方を指すのでしょうか?おそらく、婚活でいえば、条件が良い=いい人となるのだと思いますが…

男性の場合
□ 有名大学卒
□ 年収が高い
□ 身長が高い
□ 容姿が標準以上

女性の場合
□ 美人・可愛い・笑顔
□ 身長と体重のバランスが良い
□ 育ちの良さ・気立ての良さ
□ 家庭的な趣味や仕事をもっている

それに加えて、男女ともに結婚適齢期であるということが加わりますが、この条件を全てまたは複数満たすような方は、どこでどのような婚活をしても、おモテになるでしょう。が、あらかじめ条件のかなったお相手ときちんとした出会いをして、早く結婚をしたいと思っているならば、条件の良い方は、結婚相談所・お見合い婚活で婚活をされるのがベストだと思います!

好条件にプロの適切なアドバイスがプラスされれば、短期間で素敵なお相手とご成婚ができる可能性が大です。結婚相談所・お見合い婚活では、不動産と一緒で「条件が良いとすぐに売れる」と言われております。

婚活パラダイス、人生最大のモテ期

いわゆる三高男性というのは、ほんの一握り、せいぜい10%か20%くらいしか存在しないのです。ですから、三高男性が婚活を始めると女性からのお申し込みを一身に受けて、その中から自分好みの女性を選べると言う「婚活パラダイス」状態になるのです。もし、コミュニケーション能力がそんなになかったとしても、お見合いを数こなしているうちに慣れてきますから問題ありません。

そして、男性が結婚相手にと望む年齢は何といっても20代。「できるだけ若くて綺麗な女性と結婚したい」と言う男性の多いこと、多いこと。婚活市場では女性の若さは大きな武器となります。若くて綺麗で家庭的な一面をお持ちの女性などが婚活を始めると、「人生最大のモテ期」が到来するでしょう。

現代では、結婚相談所は婚活のツール

昔は結婚相談所・お見合い婚活は結婚できないひとの駆け込み寺のようなポジションでしたが、現代では条件の良い方が、ちゃんとした出会いときちんとしたお相手を求めて利用されております。お若い方も婚活のツールとして普通にご利用されておりますから時代は変わりましたね。

昔と同じなのは、お見合いの前にお相手のプロフィールを確認できるという点です。プロフィールには、お写真のほか、学歴、年収(男性のみ)、身長はもちろん、職業や婚歴なども載りますから、条件の良い方にはとても有利です。良い条件をお持ちの方が結婚相談所での婚活をしないのは損だなとさえ思います。

↓お見合い婚活について知りたい方はこちら↓click